藤村医院

 お電話でのお問い合わせはこちら 

main_title
main_image
診療時間は9:00〜19:00
まずはセルフチェックをしてください。
1つでもチェックした方は、かなりの確率で「歯周病」の疑いがあります。
歯を磨くと歯肉(歯茎)から出血する
口臭が気になる(または指摘される)
以前ほど硬い物が噛めない
歯が長くなったように見える
疲れると歯肉が腫れる
歯がグラグラする
歯を磨くと歯肉(歯茎)から出血する
歯肉は、口の中の皮膚です。歯肉から出血するということは、歯肉の粘膜バリアーが破れていることを意味し、それは手足から出血するのと同じで、生体にとっては異常事態です。
健康な歯肉はどんなによく歯を磨いても、歯肉を傷つけない限り、出血しません。
ですから、歯みがき中に痛くなく出血してきたら、成人の場合は、歯周病のサインだと思って間違いないでしょう。
 
上へ
口臭が気になる(または指摘される)
歯周病が進むと、歯と歯肉の間に大きな溝、歯周ポケットが出来ます。
歯周ポケット内では、歯周病菌等の多様な細菌が生息し、それらが、口臭の原因となる特徴的な臭気を発生させます。
ただし、口臭の原因はその他にも考えられます。
上へ
以前ほど硬い物が噛めない
歯がどれだけしっかりしているかは、その支えである歯槽骨と歯肉の状態に依存しています。
歯周病になると、歯周ポケットが深くなっていきます。
これは、歯を支えている歯槽骨が炎症によって破壊・吸収された結果なのです。
歯肉も、歯周ポケットが存在するような状態では、ゆるくなり、歯が動揺しやすくなります。
上へ
歯が長くなったように見える
歯肉が痩せて歯の根元が露出し、長く見えるようになったのは、歯周病によって歯槽骨が破壊・吸収され、そのために骨の位置が下がり、それに伴って歯肉の位置も下がってきた結果です。
一度歯周病で歯肉の位置が下がってしまったら場合、自然には元に戻りません。
上へ
疲れると歯肉が腫れる
歯周病は、かなり進行するまでは自覚症状が少ない疾患です。
歯周病が進行している状態で、寝不足、風邪気味、精神的なストレスなどで体調を崩したりすると、身体の抵抗力が低下し、それまで自覚症状なく慢性の経過をたどっていた歯周病が急性化することがあります。
上へ
歯がグラグラする
歯周病の末期的症状は、歯がグラグラになってしまうことです。
この段階でも歯周病の治療は可能ですが、たとえ歯周病が治ってわずかな歯槽骨が残ったとしても、その歯は、歯として役に立ちません。
上へ

ブログ
スタッフブログ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 医院紹介
 院長紹介
 藤村医院の特徴
 歯周病治療
 ブライダルデンタル
 ホワイトニング
 料金表
 アクセス・診療時間


藤村医院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。